wakatsuki

@wakatsuki
http://wakatsuki.tumblr.com/

新入社員が退職した。
入社してわずか10日。

「この会社は自分に合わないと感じた」というのが退職理由。
あまりにも漠然とした理由なので、具体的になにがどう合わないと感じたのか尋ねてみた。
すると。
「販売はアルバイトの延長のような仕事。ずっと続けていく気にならないし、自分に向かない」とのことだった。

当社では、2週間の新入社員研修期間中に売場での販売実習を数日行なう。
講義とロールプレイングで学んだ接客応対技術を、実際に売場で体験するのが目的だ。
その実習の結果、新入社員のKさんは「自分に合わない」と思ったそうだ。
辞めてどうするのか、Kさんに聞いてみた。
「公務員を目指します。」

まただ。採用や研修を担当していると、毎年必ずこういう若者と遭遇する。
「安定していて、楽そうだから」という、かつての私と同じ発想。

いや、決めつけるのはよくない。公務員(地方上級とのことだった)を目指す、彼なりの確固たる理由があるのかもしれない。

「公務員になりたいのは、なぜ?」
「地域の人たちに貢献したいからです。」
「地域の人に貢献というと、具体的にはどういうことをしたいの?」
「・・・市役所の窓口で、住民の相談に乗ったりとか・・・」
「ヨドバシカメラの店でお客様の相談に乗るのはアルバイトの延長にすぎないと思うのに、市役所で住民の相談に乗るのはやりがいがあると思うんだね。それはどうして?」
「・・・いや、その・・・民間とは違う、というか・・・」

ああ、やっぱり。「安定」「楽そう」公務員志望シンドロームだ。
その発想が悪いとは言わない。
しかし、それだけでは信念を持って公務員を目指している人たちとの選考で勝ち残るのは難しい。
また、仮に公務員になれたとしても、決して幸せにはなれない。

残念ながら、Kさんに当社での仕事を続ける気はないようだったので、慰留は諦めた。
しかし、わずか10日とはいえ同じ会社で勤めた仲間である。不幸にはなってほしくない。
Kさんには迷惑だったかもしれないが、私なりの「働いて幸せ」という状態を実現するための考え方を伝えることにした。

「Kさん。君はゲームが好きだったね。」
「え?あ、まぁ、好きですね。」
「対戦ゲームは好きかい?ガンダムエクストリームバーサスとかさ。」
「好きですよ。けっこうやってます。」
「そうか。アレはおもしろいよな。僕も好きでね。いい年してゲーマーなんて恥ずかしいけど。」

なんの話なのかといぶかしげなKさんだったが、私はかまわずゲームの話を続けた。
対戦ゲームのおもしろさについてお互いにしばらく語り合ったあと、本題に入った。

「ところでKさん、ガンダムEXVSを初めてプレイする人が、対戦プレイで君に勝てるかな?」
「いやぁ、それはムリでしょう。僕、けっこう強いですよ。」
「そうか。じゃあ、初心者だとあっという間に君に負かされてしまうだろうね。」
「そうでしょうね。」
「じゃあ、質問。手も足も出せずにキミに負けた初心者くんが『ガンダムエクストリームバーサスなんてつまらない!クソゲーだ!』と言ったとしたら、Kさんはどう思う?」
「それはおかしいでしょ。ゲームがつまらないんじゃなくて、自分がヘタなだけじゃないですか。」
「そうだよな。楽しさを理解するには練習と経験が必要だよな。ちょっとやってみただけで『つまらない』とか『自分には向いていない』っていうのは、早すぎるよな。」

Kさんの表情が変わってきた。
伝わっただろうか?楽しく、幸せになるには努力や我慢も必要なのだということが。
実感できただろうか?物事の本質を理解するには、長い時間が必要なのだということが。

気のせいかもしれないが、Kさんの雰囲気が変わった気がした。
オドオドしたところが消え、目から意志が感じられるようになった。
「Kさん。社会人の時間は長い。22歳で入社して、定年は60歳。約40年もの年月だ。
つまり社会人にとって入社後の10年は、大学で言えば1年生に相当する。
たとえば大学の野球部に入部したとして、1年生のうちは球拾いやグラウンド整備、筋トレなど地味なことばかりだろう。
楽しいどころか、むしろツラいだろうね。でも、彼らは野球部を辞めない。なぜだろう?」
「・・・野球が好きだから、ですか?」

「そうだろうね。野球が好きで、うまくなりたい!という情熱がある部員は、そのつらさの向こうに自分の成長があることをイメージする。
だから乗り越えられる。逆に、なんとなく野球部に入った人はとても耐えられない。
『野球つまんね。サッカー部に行こ。』と思ってしまう。」

「・・・」

「そうやってサッカー部に移った一年生を待っているのは、やっぱり筋トレや100メートルダッシュなどの地味な練習だ。
サッカーに対する情熱がない人は『サッカーもつまんね』と思って転部する。
その後は似たり寄ったりだ。
テニス部では素振りに嫌気がさし、バスケ部ではハードさに耐えかね、吹奏楽部では音を出すのに一苦労、マンガ研究会に入ってもいきなり絵が描けるようになるわけじゃないし、演劇部では発声練習ばかり・・・すべて同じだ。
最初からいきなり上手にできたり、楽しいなんてことは滅多にない。
本当の楽しさにたどり着くには、努力と情熱が必要だ。
転職を繰り返す人は、これと同じ。楽しさにたどり着く前に職を変えてしまうから、幸せになれない。」

「・・・僕が、そうなると?」

「それはわからない。ただ、公務員を目指す理由がさっきの答えのレベルだとすると、幸せにたどり着く可能性は低いぞ。
大切な人生だ。自分がどんな職につくべきかを、もっと真剣に考えたほうがいいと思うよ。」

「・・・わかりました。ありがとうございます。」


Kさんが、どんな気持ちで私の話を聞いたのかはわからない。
「こいつウゼぇ。」と思っていたかもしれない。
しかし、相談を終え退職届を提出して去っていく時の彼は、それまでと違って後ろ向きな逃避ではない、前を向いて一歩踏み出そうとする者の顔をしていた。


————————————
就職活動サイトに掲載するエピソードとしては、シビアすぎる内容だと思います。
当社を志望する人が減ってしまうかもしれません。
それでも、就職活動中の学生の皆さんに伝えるべき内容だと考えました。
皆さんにとって「職に就く」ということを考える上での参考になれば、幸いです。


株式会社ヨドバシカメラ
採用チーム 山下敬史

同じ人間なのに、インド人が飲んでも大丈夫な生水を日本人が飲めば体を壊す理由を知っていますか? 「飲めないインド人は死んでしまうから。」です。 それでは何故日本人はヨーロッパでは考えられないほど過密な労働をするか知っていますか? はいそうです「働けない奴は死んでしまうから。」です。
Twitter / atomfe (via katoyuu)
レッドブル来ましたー!!!! (2000NXS)

レッドブル来ましたー!!!! (2000NXS)

nhato:

先日のMagnificent @ ageHaのパーティーフォトを幾つか抜粋してアップしました。

来日してくれたFerry Corsten氏を始め、VJに付いてくれたSoUさん、スタッフの皆さん、そして遊びに来てくれた皆、ありがとう!!

撮影:@crussfire

158  餌(沖縄県) :2010/04/12(月) 10:16:40.06 ID:c0KjkDXK

Ken(DJ)のことか

ザ・ドリフターズ(ドリフターズ)
1964年結成。ハードコア・ダブ・ユニットの先駆けとして60年代後半のアンダーグラウンドシーンを席巻。
1967年、方向性の違いからリーダーIkariaとギタリストYasushiOnoが対立。
Yasushiは当初メンバーだったG-Yoshidaらを引き抜き「ドンキーカルテット」を結成。
Ikariaは残ったChar(Dr.)、他バンドに在籍中のCo-G(G.)、Chu-Arai(Key.)、Boo(G.)らを誘い「ドリフターズ」 としてユニットを再編。
69年にはビートルズの前座を務めるなど華々しい躍進を遂げ、72年のアルバム「Gather 8:00」、翌年の「Zoom-Doco Songs」でその地位を不動のものとした。
その一方で、以前からフロア志向を公言し、シカゴハウス・ムーブメントに強い関心を寄せていたChuがユニットから離れ、代替メンバーとしてDJ.Ken が起用される。
77年にはブリット・プログレッシブを強く意識した問題作「Die Back Show」を発表、以後レイブを中心に活動。
84年の東京レイブは、停電による暗闇の中での五時間に及ぶアンプラグド・インスト演奏で伝説のアクトとなった。
1985年、Ikariaは「全てをやり尽くした」と言い残しユニットの活動を一時停止。
以降は散発的にユニットとしての活動を続けながら、それぞれのソロ活動が目立つようになる。
DJ.KenとCharは「Cut&Ken」を結成、日本におけるノイズシーンを牽引。
ハワイアン・フォーク・サウンドに強く傾倒していたBooはCo-Gと共にアンプラグド作品を幾つか発表した。
リーダーIkariaは俳優業に転じ銀幕の舞台で活躍。
ハリウッド進出も果たし今後の活躍を期待されていたが、2004年に癌により死去。
ジャパニーズ・アンダーグラウンドの帝王と呼ばれた巨匠の死とともに、ドリフターズの40年の歴史にピリオドが打たれた。

160  ホールピペット(ネブラスカ州) :2010/04 /12(月) 10:22:13.20 ID:FgeEMvsu

»158
ハードコアダブにクソワロタ

167  画鋲(コネチカット州) :2010/04/12(月) 10:28:59.32 ID:XcwcYMOL

»158

Char(Dr.) テラカッコヨスw

171  ノート(千葉県) :2010/04/12(月) 10:31:24.62 ID:ME94pbIM

»158
やべえこの書き方格好良すぎるだろ

173  やっとこ(沖縄県) :2010/04/12(月) 10:33:49.38 ID:iacGVfHP

»158
こんなコピペあったんだな初めて見たw

177  焜炉(コネチカット州) :2010/04/12(月) 10:35:26.72 ID:QGhY4yKb

»158
ワロタ

178  三脚(アラビア) :2010/04/12(月) 10:36:38.34 ID:xJbakugD

»158
Charワロタ

211  トースター(東京都) :2010/04/12(月) 11:09:36.31 ID:bSwKT5bD

»158
初めて見た
これはある意味革命的

215  セロハンテープ(茨城県) :2010/04/12(月) 11:14:35.18 ID:/DqEbUUx

»158
何これかっこいい

nhato:

THE WONDERLAND -MAGNIFICENT-

2014.3.22 (Sat) at 新木場 ageHa

Ferry Corstenが3月に来日!

という記事を先日アップしましたが、正式なフライヤーが届いたので新しく記事書きます。

なんとVJにSoUさんがついてくれることになりました!やったぜ。

hopebiscuit:

Greatest Tsundere of all time.

機会をいただき、フューチャースクールに選定された小学校を訪問してきました。今回拝見したのは、6年生の社会科・算数・国語と4年生の算数の授業です。

以下、気付いた課題について報告します。

●インフラ周り

Windows7の立ち上がりが非常に遅い。約5分かかるため、45分授業の中で利用する場合、OSのたち上げを待つので5分失われる状況。

アプリケーションの立ち上がりはより遅い。校内に設置されたサーバにアクセスする場合も、クラウド上のサーバにアクセスする場合も、どちらも非常に遅い。画像、ドリルともに立ち上がりまで6分~8分かかり、子どもがいらいらして複数回クリックして複数アプリケーションを立ち上げることも多く、そのせいでより処理が遅くなっているように思われる。

電子黒板の音声が出ないことがしばしばあり(原因は不明)、計画していた授業が実施できず、急遽変更を余儀なくされる場合がある。

●コンテンツ

社会科の日本史の授業において、「教科書で読むだけでは明治時代がどういう時代であったのか感じることは難しい。明治時代の写真を見て、その時代の雰囲気を感じ、気付いたことをまとめよう」という目的で、「明治時代の写真」のデジタルコンテンツを活用する授業。子どもたちはそれぞれ自分のタブレットPC上で、自由に「明治時代の写真」を閲覧する。見た感じはよく集中し、興味を持って、次々に写真を開いてみている。が、「この写真のひとつ前にはどんな写真を見たか覚えている?」と聞くと、7人中7人が、「古い写真」「明治の写真」「さぁ・・・」というだけで、何を見ていたか記憶がない。私語がなかったり、操作をしていることが、本当の興味関心につながっていない。(電子黒板でひとつひとつ丁寧に見せながら、児童の気付きを発表させる形式のほうがかえって深まるのでは?あるいは、コピーした写真をマグネットで黒板に並べて俯瞰したほうが気付きやすいのでは?)

「デジタルランドセル」の算数の筆算のコンテンツには非常に問題がある。筆算における子どものつまずきの多くが、桁を揃えて書かない(雑に書く)、繰り上がりを忘れる、などにある。が、CAI形式の筆算ドリルでは、あらかじめ、入力の枠組みが決まっているため、「桁を揃えないで書くためのつまずき」が取り除かれてしまっている。これでは、デジタルドリルでは正しく計算できるのに、ノートやテストになると間違える子どもが続出することが懸念される。より多くの問題が、図形や文章題の立式では起こることが予想される。

算数ドリルに関して、デジタルと紙とどちらがよいかと子どもに尋ねたところ、「デジタルのほうがよい」との答え。理由を聞くと「書くのが面倒くさい」と「すぐに合っているかどうかがわかる」とのこと。書いたり、答え合わせをするのを面倒であることを理由としてデジタルを選ばせてよいのか疑問が残る。

電子黒板等を使った授業にどのようなメリットを感じるか、の質問に対して、「文字を読んで理解する力が年々落ちている。画像や動画を使うと、視覚に訴えるので、理解する子が増える」との説明があった。「しかし、大学の全授業がデジタルコンテンツ化するとは思えないので、生徒はどこかで『文章を読んで理解する』力をつけないといけないとが、それはどの段階で行うのか」との質問をすると、答えがなかった。このままでは、小中においては、画像動画中心で理解させ、高校に入って突然文章で理解しなければならなくなるため、中高ギャップが深まる可能性が高い。

●授業の質が向上しているかどうか

協働・協調の場面が増えているように見えない。

ノートに考えをまとめる・プリントを貼る・図を書く、といった活動が縮減しているように見えることが気になる。(計算・黒板やデジタルコンテンツの内容を写す活動はある。

機器のセッティングやアプリケーションの立ち上げに時間がかかり、授業時間が正味10分ほど減っていることで授業内容が薄くなっている。
機器のセッティングやアプリケーションの立ち上げなどで授業がしばしば切断され、集中力が途切れてしまい、授業の目標がわかりにくくなっている。

用意されている学習アプリによって強化される可能性がある学力が、計算力・パターン認識力などに偏っており、21世紀に必要な学力に結びつく道筋が見えないこと。

●今後、必要だと思われること

ICTを使った授業だから先進的でよい、ということではなく、学力の定着・応用力等にどのように結び付くかの道筋が見えなければいけない。

ICTの観点ではなく、教科の観点から授業評価を行うべき。
特別な研究授業ではなく、普段の授業を見る必要がある。安易にデジタルコンテンツに児童のお守をさせていないか?(ゲーム性のあるドリルに頼っていないか?)本当に協働・協調の場面が増えているか?

デジタルを与えると、とりあえず子どもの私語が減り、大人しくなることは事実。しかし、それが学力に結びつくとは思えない。デジタルに頼ることで、教師の力量が落ちることが非常に心配。一度落ちた力量は、取り戻すのが非常に難しい。

フューチャースクールの課題 - Researchmap

新井紀子さんのフューチャー・スクール見聞録。なるほど、電子黒板、電子教科書の問題点がほとんど網羅されているかも。

まあ、OSやアプリの起動が遅い等のインフラ周りや、コンテンツの質については、まだ導入したばかりだし、実験期間中だから充実していないのは当然なんだけれど、それより、コイツラを導入して何を達成させようと考えているのだろうね?目標が授業中の私語を無くすということなら、その効果はあるのはわかるのだが。

学者をたくさん育てたいの?PISAが目指すグローバルなリテラシーを養成したいの?昔のソニーや今のAppleのような時代をあっと言わせる製品を作り上げるエンジニアをたくさん育てたいの?それとも文句を言わない社畜のサラリーマンを一杯作りたいの?

将来どういう人的資本を蓄積したかを選ばなきゃ、具体的な方法が検討できないし、その方法を実現する実装が出てくるわけないよ。そして選ぶということは、選ばないものはできるかぎり顧みないということなんだよ。

そして、あまりに人が多すぎて色んな人の利害が絡みすぎて選べないんだったら、絡まないレベルまで行政の単位を小さくしたほうがいい。シンガポールや、ドイツの州レベルくらいまで。例えば東京を中心とする首都州は法律家と理工系基礎研究者にフォーカスするとか、名古屋静岡を中心とする東海州はエンジニアの養成に重点配分するとか。そうすれば、その地方に特色がでるし、人的資本の蓄積が進んで産業集積の効果が大きくなるよね。ただし、あまりパターナリステックに人的資本の方向を決めるというのも、問題は大きいのは事実だし、なにせ将来は予測不可能というのも理解はできる。

だからといって、ここで報告されているような、インフラありきのフューチャースクールよりは全然ましだよ。そもそもフューチャースクールの「フューチャー」って、教育インフラや教育ツールのフューチャーを目指すものなの?それは違うでしょ。学校や教育のフューチャーじゃなきゃだめでしょ?ということは、将来どういう人材が欲しいかのイメージがあって、それを実現するためにインフラやツールを選択しなきゃダメなのじゃないか?そのひとつの選択肢として、電子教科書が必要なら利用する、というなら分かるんだがね。

(via kashino)

「はい後ろにプリント回してー」というのが失われてゆくのか。

(via tscp)

noushisubs:

What a nice way to learn English.

Source: Facebook/試験に出ない英単語  普及版

zan66:

ラブライブ! (Love Live! School Idol Project)

  About @wakatsuki


Following


Real Twitter

@wakatsuki

Theme by LBD   |   Powered by Tumblr